女性エンジニアの現状

IT業界での男女比率は男性が圧倒的に多い。会社にもよるがおおよそ8対2ほどであり、会社によっては男性10割といったところもある。しかも管理職クラスになってくるとさらに男性比率は高まってくる。その理由としては理系出身者が圧倒的に多く、またコンピュータや機械系は男性が興味を引かれる分野であることが挙げられる。さらに、労働時間が不規則で深夜まで就業することも数多くあり、体力的に厳しい環境であったり、IT業界は男性社会といった社会的認識もこの現状に拍車をかけている。こういった状況から、この業界へ進むのに躊躇してしまう女性も多くいるだろう。

しかし、IT関連会社も育児休暇や長時間労働の軽減を積極的に推進している会社も多く、女性の働きやすい空間にするよう努めている。入社前と後ではそのイメージのギャップを実感できるだろう。大学でもこれまでの男性色の強かった理系が徐々にフラットになりつつあり、今後この割合の格差は埋まっていくことが期待できる。エンジニアとは考える仕事なので、考えることが好きならば性別を問わずこの業界のスタートラインに立つことが出来る。最近では在宅業務など、出産や育児で一時的に会社を離れることになっても、家事をしながら仕事が出来る環境も取り入れている会社があり、自身の環境に合わせた職場環境の選択肢も増えつつあるのだ。IT業界は性差に限らず女性も実力が評価される世界なので、男性社会というイメージを捨てて飛び込んでみるのもいいだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です