未経験の女性がITエンジニアを目指すなら

プログラミングやSE未経験の女性がエンジニアを目指す時は、それに伴うデメリットや注意点をよく検討してからの方が良いだろう。IT業界の常として、勤務時間が長時間に及ぶ傾向があることは間違いなく、シフト制の働き方をしたい場合は、最初からそのような制度で業務対応をしている企業を探した方が良い。未経験の場合でも、現場で仕事をしながら学んでいくことは珍しくなく、資格習得を目指すよう指示された場合などは、帰宅後も勉強に取り組むこともあるだろう。

反対に、この業界のメリットとしては「一度でも技術を身に付けることができれば、再就職などは難しくない傾向にあること」と言える。キャリアにブランクが生じても、復職後の努力などで十分にリカバリーすることが可能なのだ。しかし、ここにもデメリットは内在している。結婚・出産を終えて復職を希望し、小さな子供を抱えつつも再就職を目指す場合、多くの人は時短勤務を希望することだろう。しかし、なかなか希望通りの就職先が見つからない可能性は、他の業界と比較してもあまり変わらずに発生すると考えられる。企業やプロジェクトによっては、夜間や早朝に働かざるを得ないこともあるので、就職先を慎重に選ぶか、いざと言う時に頼ることができる預け先などを確保しておいた方が、心身のストレスにならずに済むだろう。

また、現役のエンジニアの男女比は圧倒的に男性の方が多い状況にあるので、施設や制度の面で女性が利用しづらい環境になっていることもある。そう言った業界の特徴については、事前に確認して納得した上で目指すことが、理想と現実のギャップを防げるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です